読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3人目のチーフ

映画、演劇、本エトセトラ。アラサーOLケイの日常をちょっと離れて。

【少女漫画7】相原実貴「5時から9時まで」

昨日電車に本を逆さまにして読んでいる方がいたのだけど、脳トレかなにかだろうか。そして今朝の電車も、目の前の女性がユーリonIceのコーチがひざまづいて主人公の靴紐を結ぶシーンをスマホで何回も巻き戻して見ているし、電車の中の自由よ。どもケイです。

 

アラサーOLケイの少女漫画感想です。好物は魔法、両片想い、侍女、騎士、幼馴染、寡黙系男子、魔法(2回目)。まゆげが毎日同じ形の女子にはジェラシーしか感じない。

 

相原実貴5時から9時まで

海外ドラマのような生活を夢見ている、英会話講師の桜庭 潤子。27歳の誕生日を境になぜか次々と異性から好意を寄せられるが、なんの因果か毛嫌いしていた見合い相手の僧侶、星川 高嶺と関係を持ってしまう。「深く結ばれた間柄なら結婚は当然の成りゆき」と主張する星川だったが…(wiki

石原さとみ&山P主演でドラマ化された作品。主人公の英会話講師淳子と僧侶高嶺の関係を軸に、受付嬢のキラキラガールまさこと高校生セレブの蜂谷、腐女子百絵とイギリス人イケメン講師アーサー、等々ラブストーリー百景が繰り広げられる。

前半は淳子の逆ハー感の勢いがある展開だが、巻を追うにつれ脇カプエピソードが増えていきます。

 

ネット各マンガレンタル&販売業者も猛プッシュだったので、普段あまり手を出さない分野に手を出したケイでしたが結果は…一勝一敗!!

主役カップルには疑問符が先行しちゃったけど、脇カプは良い!

 

とりあえず主人公淳子に言いたいのは、逃げてー!!の一言に尽きる。僧侶高嶺は俺様気質&極端&愛が情熱的ということで、淳子を監禁したり、キャリアアップ面談を妨害したり、と思えば自分の思い通りにするためには高価な靴をプレゼントしたり、マンションを贈ったり……これ、立派はDVです!

と、最近までDV男にどっぷり浸かって心身がぼろっとなりやっとのことで逃げ出したので、声を大にして言いたい!

漫画では愛ゆえに!みたいな美談になっていますが、実際は生活の道や本人の生きがい、やりたいことを絶って自分に依存させる(都合のいいことを本心から言って、何かを切る度に物や愛情のプレゼントをたっぷり差し出し、言う通りにならない場合は原因不明に不機嫌だったり怒鳴ったりする)ってモラハラハウツーの基本のキなので、読んでいて怖かった。

自分を献身的に情熱的に愛してくれるハイスペお金持ち男子が良い…という淳子の気持ちもわからんではないのですが、自立した女性に惹かれます。私は。

 

一方、脇カプのモモエ&アーサー編は良いですね。モモエのオタクならではのこじれた思考回路がリアルで良い(しかも、モモエはちゃんと美女設定なのでファンタジーすぎず)。アーサーみたいに名家の出身が、なぜか英会話教師という違和感はぬぐえず……外資コンサルからの出向とかの方がよりシンデレラ感が出ると思うの。

 

前半はSATCですが、途中からどんどん少女マンガだったのでどちらの作風が好きかで評価が分かれそう。(非モテ女子は少女マンガが好きだぞ。)

 

ストーリー☆☆

出てくる男性の納得感☆☆

美形男子☆☆☆

群像劇としての面白さ☆☆☆